消費者金融の大手とは

消費者金融の会社にも他の企業と同じように大手消費者金融、中小消費者金融があり、大手消費者金融は業界全体の発展や成長させる立場にありましたが、大手消費者金融のおまとめローンは貸金業法の改正以後大きく変化していきます。

以前は大手と呼ばれる金融会社はプロミスとアコム、武富士、レイク、三洋信販が大手6社と呼ばれ、6社が中心となりテレビCMや広告活動で消費者金融の暗いイメージを変えることや、利用者に対する利用上の注意を呼びかけるなどの活動をおこない消費者金融業界をけん引していたといえます。

その後貸金業法の改正がおこなわれ、金利の上限が設定されたためそれまで金利基準をこえる高い金利で融資をしていた会社は一気に体力を落としていき、法律で定められた以上の金利を支払っていた多くの利用者からグレーゾン金利返還訴訟を受けたためますます経営が成り立たず倒産に追い込まれ、現在残っている大手消費者金融はアコム、プロミス、アイフルの3社になってしまいました。

貸金業法の改正以後、銀行は積極的に小口融資に乗り出しますが、新たにノウハウやシステムを導入するにはばくだいな費用がかかることから消費者金融と提携することを考え、一方消費者金融は銀行の豊富な資金や消費者金融という暗いイメージを払しょくするために銀行と提携することを考え、お互いのメリットを生かすことから大手消費者金融は銀行グループと提携し、レイクはノウハウやシステム、従業員を含めすべてを新生銀行に譲受しあらたに銀行カードローンとして残っています。

消費者金融一覧にも色々とある!

生活費が足りなくなった!急にお金が必要になった!という時に利用すると便利な消費者金融ですが、数多のごとくある消費者金融の中から自分にあった消費者金融を探し出すのは結構大変なことではないでしょうか?

インターネットを利用して探そうと思って「消費者金融一覧」で検索してみても、口コミで人気の消費者金融一覧!即日融資可能な消費者金融一覧!金利が低い消費者金融一覧!おまとめローンに向いている消費者金融一覧!審査の甘い消費者金融一覧……など色々とヒットしてきます。もちろん情報量が多いということは、選択肢も増えるわけで有り難いことではありますが、情報が多いだけに益々迷ってしまう、という方もいることと思います。

例えば、次の給料やボーナスが出た時にすぐに返済するつまりなのでとにかく即日融資してくれる消費者金融を探している!というのであれば即日融資可能な消費者金融一覧を参照すればいいと思います。ですが、即日融資可能で、金利が安いところ!しかも審査も甘めのところ……など色々と条件の多い方の場合、一つのサイトを参照するだけでは、なかなか見つけられないかもしれませんね。

最終的には、何処に重きを置くか、ということになると思いますが、色々と条件がある!という方は実質年率や限度額、審査時間の目安、即日融資の可能性などをすぐに確認することが出来る、消費者金融比較サイトを覗いて見るのが手っ取り早いかもしれません。どんな方法で探すかはもちろん個々違うことと思いますが、最終的に決める前には実際に利用された方の口コミや体験談を覗いてみるといいと思いますよ。